【絶対遊ぶべき】Kingdom Come: Deliverance

ゲーム紹介・攻略
この記事は約2分で読めます。

今日は最近僕がハマっているゲーム『Kingdom Come: Deliverance』がいかに面白いかを紹介しようと思います。

まずは藤原啓治がナレーションするこの動画を見てみてください。

どうですか?さっぱり分からないでしょう?

一言で説明すると「魔法やドラゴン等のファンタジー要素が一切ない、The Elder Scrolls IV: オブリビオン」です。オブリビオンが分からない人にはなんのこっちゃって感じですね。

オブリビオンは中世ヨーロッパが舞台のいわゆるオープンワールドゲームで、キンカム(勝手に略した)も同様です。最近の同じジャンルだと「ウィッチャー3」「スカイリム」が有名だと思います。(スカイリムはオブリビオンと同じ開発会社)

世界観的には中世ボヘミア王国の史実を再現しているらしいですが、実際のゲーム内では色々できます。例えば町行く人のポケットからアイテムを盗むスリ行為だったり、寝ている人の家に忍び込んで気絶させてアイテムを盗んだり、かと思えば馬を走らせて山賊を成敗する騎士プレイなどなど…ここらへんは流石オープンワールドを謳っているだけあって自由に気が赴くままに遊べます。

もちろんメインクエストのストーリーもちゃんとあり、サブクエストも豊富なので何をしたらいいのか分からなくなるっていうこともありません。

とまあ、ここまでは普通のオープンワールドゲームの説明ですが…ここからは僕が思う、キンカム(勝手に略した)の独自な面白さを紹介していきたいと思います。

まずはGeForce Experienceに勝手に録画されていたこの戦闘動画を見てください。


(勝手に録画されていたのでキーボードとマウスのカチャカチャ音が入ってます)

画面の下に赤いバーがありますよね、これはHPです。更にその下にある黄色いバーはいわゆるスタミナゲージで、このゲームで最も重要なものになります。

普通のアクションゲームよろしく、攻撃するのにも防御するのにもスタミナを大きく消費します。そしてここからが面白いところで、スタミナゲージは敵にも存在します。

その上、このゲームは基本的に防御が強いのでスタミナが余っている場合は攻撃でなかなかダメージを与えられません。(僕の攻撃が動画でハゲに何度もガードされてしまっているように)
動画内で逆に黄色いバーのスタミナゲージを切らしてしまった僕がハゲにボコボコに斬られてしまっているのが分かると思います。

相手のスタミナを削る駆け引きがどこにあるのか、その他のキンカム(勝手に略してる)の面白さは明日の記事に続きます!乞うご期待!

コメント