【20代】ゲーム業界にスキル無しの未経験でもプランナー転職できる方法をシンプル解説

ゲーム業界への転職
この記事は約3分で読めます。
【20代】ゲーム業界にスキル無しの未経験でもプランナー転職できる方法をシンプル解説

ゲーム業界に転職したい!バリバリ企画者として新しいゲームを作りたい! だけど、何もスキル無いし未経験……。僕でも入れますか?

入れます。

僕も未経験でしたが入れました。その体験と同僚からの情報も元に解説していきます。

経験のあるゲームプランナーが求められる理由からヒントを探す

経験のあるゲームプランナーが求められる理由からヒントを探す

まずは知ることが重要です。敵を知れば攻略方法が見えてきます。

でも未経験の方は知らないですよね。僕もそうでした。
なので僕が実体験をもとに解説するので、本気で未経験に入りたい方はついてきてください!僕もめっちゃ応援します!

1点目、経験者を採用する理由

例でいうと、基本的に今までの経験(例:ソシャゲ定常イベント運用3年間)が、求めている人材の役割とマッチしていたら即戦力になるので、採用です。

応募者の経験と求めている役割がマッチしてたら即戦力のため採用。

基本でありシンプルです。周りもそうでした。
※もちろん別のパターンも無限にありますが、まずは基本を押さえましょう。

ここは後程、あなたが入れる理由の解説でも使うので、シンプルなルールを頭の片隅に覚えておいてください。

2点目、ゲーム好きであることが入れる必須条件

プランナー職の同僚を10名紹介(内10名廃ゲーマー。内3名廃課金者)

みんなオタクです。ゲーム業界の特徴です。
本当にゲーム好きやオタクしかいません。※部長を超えてくると違います。
逆にそんなところに、「ゲーム嫌いです! したことないです!」って人を入れた場合、どうなるか考えてください。

チームで運用・開発するのに、人間関係で失敗するのが目に見えてますよね。面接官は袋叩きですよね。

なので、ゲームが好き・オタクの人しかいません。

未経験からプランナー転職を華麗に決めるための必須ポイントを2点解説

未経験からプランナー転職を華麗に決めるための必須ポイントを2点解説

結論、要点を抑えれば入れます。逆に言うと要点を知らないと間違いなく失敗・苦労します。
その前にまずは情報を整理しましょう。

経験者が転職を楽に決めれる理由から見えてくる、プランナー未経験者のアピールポイント

上記で解説したのは、即戦力が経験者に求められているポイントでした。
実は未経験者に求められるものも、広意義では同じなんです。どういうことかというと

即戦力になるための資質(スキル・実績)を持っているか

シンプルです。あなたが即戦力になれるのかが重要です。
さらに深堀していきましょう

Q、複数人応募があったらどんな人が入れるか?定量的に言うと?
A、より早く即戦力になれる人

Q、「より早く」ってどこで判定するのか?
A、過去実績(アピールの仕方次第)と、面談での受け答え(素直さ・ポジティブ)

つまり、書類・面談では以上で解説した通り、以下の2点を押さえておけば、あなたは入れます。

  • ゲーム好き
  • 即戦力になれる資質(実績・素直さ・ポジティブ)

まとめ

未経験からゲームプランナーに入るためには?

  • まずは知ることが大事
  • 次に知った要点を抑えて書類・面接に挑むことが大事

当記事はシンプルに解説してみました。ためになったら、イイネなどお願いします。
イイネとか反応があるものをより深堀して解説してきたいと思っています!

あなたの人生にゲームを! ぜろわんでした。

コメント